浮気を伴う中絶について

浮気を伴う中絶を行った場合、
夫または奥さん自身、もしくは相手が既婚者だった場合、
被害者側は、不貞行為と中絶行為に対して
それぞれ、慰謝料を請求することができます。

示談金や慰謝料請求額の相場は判例によって差が大きく、
訴訟相手が、どれだけ不貞行為や中絶そのものを
世間に公表したくないかによって変わってきます。


逆に、浮気をする もしくは した当事者や相手に
婚姻関係が無かった場合は、慰謝料請求に
不貞行為は含まれず、慰謝料の相場は大分少なくなります。

その為、訴訟や裁判を起こすことに対して
金銭的負担や精神的負担のメリットが割に合わず、
訴訟にまで発展することは、ほとんどありません。

示談などで和解するケースが多くなります。
(中絶による重大な後遺症、
 命に関わる問題がある場合は別ですが)


また、中絶をきっかけとする浮気の原因のよくあるケースは、

  • 中絶を機に夫婦間の関係に溝が生じてしまった
  • セックスをしなくなって心の距離が生まれてしまった
という場合です。


ですが、中絶を機に気持ちがバラバラになるのは、
中絶行為そのものが原因であるとは限りません。

中絶に対する考え方、中絶をする場合としない場合の
お互いの家庭や家族の未来像が一致していない、
という、価値観の相違が原因であることが多いです。


生まれてくる命を扱う問題でもありますし、
既に子供が1人や2人を抱えて育てている場合は
その子達の将来の生活に関わってくる問題でもあります。

ここは、多少辛い思いをすることがあっても、
お互いが納得するまで、話し合いを行い、
それぞれの気持ちを相手に伝えることが重要です。


また、夫婦の片方が浮気中に関係がエスカレートして、
不倫相手と妊娠・中絶をしてしまうという
逆のパターンの事例もあります。

こちらはネット上に様々な体験談が寄せられていますが
中絶は浮気が絡むと、今後の自分の私生活・仕事や
親族との関係など、色々なものを失うリスクを抱えます。

軽はずみな浮気は、絶対に行わないようにしましょう。


<参考>
嫁が不倫相手との関係を続けるために夫の子供を中絶した話

出会い系サイトで出会った妻子持ち男性との浮気中に中絶

このページの先頭へ