中絶手術の料金とは

中絶手術の料金の相場は、
妊娠11週目以内の初期中絶手術は約10?15万円、
12週目以降の中期中絶手術は約30?50万円以上になります。

診療費自体は健康保険の適用範囲内ですが、
手術代金は、健康保険適用範囲外です。


その影響で、全国の病院に料金計算で用いられる
診療の点数制度が適用されません。

結果として、病院毎にそれぞれ中絶手術代金に関する
料金への考え方や慣習・価格相場が違ってきます。

基本的な傾向として、妊娠からの期間が長くなり、
胎児が成長しているほど、手術費用は高額になります。


その他かかる費用としては、
診療費と手術代金以外にかかる料金の
大体の相場は、以下の通りです。

  • 妊娠検査:約500?1000円
  • 手術前検査料金:約4000?7000円
  • エコー検査:約2000円
  • 薬の処方代:数百円程度
    (子宮収縮や止血の為の薬の為、手術の規模によって増加)


これらに加えて、中期中絶手術の場合は、入院費用や、
埋葬費などの胎児の死産届に関わる費用が必要になります。
手術も通常の出産と似た流れをとるため、高額になります。

また、手術の前後では肉体的な負担だけではなく、
精神的な負担や後遺症が、特に中絶手術が初めての人には大きい為、
精神科医などの専門家へのカウンセリング費用も含めると、
初期中絶手術では、合計20万円近くはかかると想定した方が良いです。


経済的な事情、中絶に対する意見の相違などにより、
両親や相手方の援助が必ずもらえるとは限りません。

双方の事情によっては、身近な人に知られることなく
中絶手術を終えたいという場合もあるかもしれませんが、
その場合、自分だけで費用を用意する必要があります。


料金の支払い方法は、現金払いのみのところもあれば、
経済事情を考慮して、クレジットカードの分割払いや
ローンを組むなどの選択肢を用意している病院もありますので、
困った時は窓口で相談してみると良いでしょう。

このページの先頭へ