中絶手術のリスクとは

中絶手術で抱えるリスクは、
手術前後で母体に肉体的負担がかかるリスク、
手術後長期に渡る精神的負担がかかるリスクの2種類があります。

主なリスクを挙げると、

  • 肉体的負担:麻酔アレルギー、子宮内への傷害、感染症、月経不全
  • 精神的負担:罪悪感、男性側との気持ちのすれ違い、心理的ストレス
が挙げられます。


また、中期中絶手術の場合は、上記のリスクに加えて

  • 子宮頸管裂傷
  • 子宮破裂(陣痛の程度による)
  • 子宮の収縮が不十分な場合の出血多量
といったリスクを抱える可能性もあります。


初期(妊娠11週目以前)の肉体的負担

■麻酔アレルギー
手術は静脈に対して全身麻酔をかけて行われることが多いですが、
麻酔に対するアレルギーを持っていると血圧が低下したり、
呼吸が一時的に止まるという反応が起こる可能性があります。

その場合、手術後も、数時間?しばらくの間は体力が低下したり
体がだるくなってしまい、安静にする必要がある可能性もあります。


■子宮内への傷害、感染症
妊娠中は、子宮が胎児を育てるために柔らかくなります。
その為、細長い金属器具で胎児を取り出す際には、
穴が空いてしまう可能性があり、自然に治らない場合は
塞ぐための縫合手術が必要になります。

また、手術後はしばらく子宮が傷付いたり
通常よりも開いたり出血した状態が続く為、
1週間前後は、医師の指示があるため入浴ができません。


■月経不全
女性ホルモンがバランスを失い、
月経周期が崩れたり来なかったりという
異常が起きる可能性があります。


初期(妊娠11週目以前)の精神的負担

■罪悪感、男性側との気持ちのすれ違い、心理的ストレス
中絶手術を経験した人の約2割が、
心理的外傷ストレス(PTSD)に悩まされています。
脈が上がる、パニック傷害やうつ状態になることが、
突発的・もしくは恒常的に起きる可能性があります。

また、中絶に対する意識の差・情報量の差から
付き合っていた男性との関係にトラブルが発生したり
男性不信に陥ってしまうケースも、ネット上の掲示板や
Q&Aサイトのやりとりを見ると、多々見受けられます。


中期(妊娠12週目以降)以降の場合

中期中絶手術は大掛かりな手術になるため、リスクも増えます。
以下はあくまでも可能性としてはかなり低い症例ですが、
リスクとして存在することは念頭に置いてください。


■子宮頸管裂傷 、子宮破裂
特に初めての中絶もしくは出産の場合、自然な陣痛では
十分に子宮が収縮しない際に子宮収縮剤を投与するのですが、
陣痛が強くなりすぎると、子宮や頸管が損傷する場合があります。

■子宮の収縮が不十分な場合の出血多量
収縮した子宮は中絶手術前の状態から徐々に回復をしますが、
この収縮が遅れた場合、出血が長期間続くリスクがあります。


また、何度も中絶手術を繰り返すと、
子宮内膜が薄くなって、受精卵がつきにくくなるという
弊害が残ったケースもあります。

医療現場からの意見としては、初産の場合は
中絶手術を繰り返すと、もし新たに産もうと思った時に
不妊症になったり、早産したり、出血が酷くなる傾向があるので、
中絶手術は出来る限り1回に留めることが提唱されています。

このページの先頭へ