中絶で不妊になる確率とは

中絶をした事が、物理的に直接の原因となって
不妊になる確率は、かなり低いです。

中絶後も普通に妊娠している人、妊娠しやすくなった人の事例も
たくさんありますし、胎児を?き出す行為そのものが、
不妊確率に影響する医学的な根拠には繋がりません。


ですが、稀に中絶後に不妊になる確率もあり、
そういった場合は、中絶手術の際に子宮内膜が薄くなったり、
卵管周辺が傷を受けて癒着したりする事が原因になります。

この場合、中絶手術そのものが原因で不妊になったのか、
他の病気が影響して結果的にこのタイミングで
不妊になったのか、という判断が難しいです。

よって、専門家の間でも
「中絶が、不妊の原因となり得るのか、否か」
については、様々な意見が交わされています。


他にも、中絶した後の不妊確率が上がる原因としては
産後の精神的な状態が安定せず、生殖ホルモンのバランスが崩れて
排卵が正常に行われない、卵子が子宮に付着しないなどの原因があります。

ただ、これも妊婦の体質、
中絶に至る背景や手術の規模、精神的なダメージの大きさは
人それぞれなので、運による要素も正直、大きいと思います。


他には、夫側に不妊の原因があるケースもあります。
これは中絶の影響と混同して考えると判断が難しくなるので、
疑いのある場合、産婦人科で一度検診を受けた方が無難です。

もし、中絶後に妊娠しないなと不安に思った場合は、
まず自分の基礎体温を毎日確認して、体の調子や
生活リズムを把握するところから始めてください。


一般的に、中絶手術が直接不妊に関して
一番影響を与える可能性が考えられるのは
子宮内膜が薄くなり、受精卵が付着し辛くなる事です。

なので、より詳しい不妊の原因や確率を探る場合は、

  • 子宮内膜の厚さを調べてもらう
  • フーナーテストを実施する
  • 原因不明である事を確認した上で、不妊治療をする
という手順で、対応していくことをお勧めします。

このページの先頭へ