中絶はいつまで可能か

中絶がいつまで可能かというと、
法律上は妊娠発見後?妊娠21週目6日まで、
現実的には、母体の安全を考えると6週目?11週目となります。

背景としては、妊娠を発見するひとつのサインとして、
妊娠後最初の月経や生理周期が乱れることが
契機になることが多いからです。


12週目以降の中期中絶の場合は、
初期中絶とは異なり、胎児を出産の時と同じように
陣痛を起こして取り出し死産させる形式になります。

なので、
「入院や出産ができる体制が整っていない」
「成熟した胎児を取り出すのは、医師としての主義に反する」
「死産が頻繁に繰り返されると、スタッフが精神的に耐えられない」
という理由から、中期中絶はできない病院も多数存在します。

母体には相当な負担がかかりますし、
精神的にもより大きなダメージが残ります。

役所への死産届の提出など、手続きも多くなり、
手術費用も初期中絶の数倍ほど高額になります。


また、妊娠22週目を越えると母体保護法により
自己都合の中絶はできない決まりになっています。

この理由としては22週を超えた頃の胎児は、
母体から取り出して室外器に移した場合、
生存する可能性がある状態と認められているからです。

また、成長しかけた胎児を
降ろす事への倫理的な観点や、手術時の
母体へのリスクが大きくなる点も見過ごせません。


このように、早い時期に決断するのを遅らせて
ずるずる週数を重ねていくと、何でもなかった中絶手術が
大きな問題を引き起こす可能性も否定できないのです。

なので、いつまで可能か、ということを把握した上で、
極力妊娠が分かってからは早い時期に、
中絶をするかしないか、決断するようにしましょう。

このページの先頭へ