中絶手術の痛みとは

中絶手術の痛みには、
手術中と手術後に感じるものがあります。

手術中に感じる中絶の痛みは

  • 棒状の手術器具(ラミナリア)を子宮口に通した際の痛み
  • 子宮内の胎児を器具で掻いたり吸引して回収する際の痛み

手術後に感じる中絶の痛みは

  • 麻酔が切れた後の子宮内に残る痛み
を感じることになります。


そして、物理的な痛みとは異なりますが、
中絶によって、授かった命を絶ったことに対する
罪悪感、喪失感などの精神的な心の痛みを、
大半の方は手術後、抱えて生きていく事になります。


中絶手術中の痛みについて

まず、中絶前にはラミナリアと呼ばれる
棒状の器具を子宮口に差し込み、広げますが、
この際に、結構な痛みを感じる場合があります。

病院の手術方針によっては、
ラミナリアは前日の時点で入れることがあり、
その場合、痛みは一晩中続くことになります。


麻酔は全身麻酔を行うこともあれば、
静脈に対して麻酔をかけて行うこともあります。

麻酔は注射する際も若干特有の痛みがありますが、
その後の子宮内への手術そのものの方が、
比較にならない大きな痛みであることは覚悟してください。


麻酔が効いていると、意識を失って痛みを感じずに
手術が終わっている、という体験談は多いですが、
実際は、体質や精神状態で効き目に個人差があります。

産婦人科の職員さんの話では、生理痛程度の
痛みで済むという人もいれば、分娩後に胎盤を出すのと
同じレベルの痛みを感じるという人もいるようです。


なので、効き目が不十分な場合や、
手術が長引いた場合は、痛みを直に感じたり、
追加で麻酔を投与する事があります。


もし、病院で専門の麻酔医を数名常駐させていたり、
担当医が元麻酔科や麻酔に詳しいなどの場合は、
多くの場合、病院のHP備考欄などに説明が書いてあります。

心配な際は、受ける病院を選ぶ際や、
実際に手術をする前に、相談・確認してみてください。


中絶手術後の痛みについて

中絶は肉体的な痛みも大きいですが、
精神的な痛みの方が、もっと大きいです。

精神的に不安定な気持ちになったり、
喪失感が拭えない等、せっかく自分の体に宿った命を
断ってしまったことによる罪悪感が残ります。


人によっては、学校や会社に行きたくなかったり、
何もしたくない、誰とも話をしたくないなどの
感情が起こる可能性があるかもしれません。

こういった背景から、中絶はある意味、
出産と比較しても、半端ではない痛みが残ります。
肯定的な意味で得られるものは、ひとつもありません。


なので、中絶をするリスクをあらかじめ把握した上で、
経済的・社会的にあなたが子供が産まれてくる事を
手放しで喜べる状況でない時は、必ず避妊をしてください。

このページの先頭へ