不倫中絶の慰謝料について

中絶は、原則として、事前の性行為や妊娠も含めて、
男女の合意の元に行われた行為の結果であることから、
直接の慰謝料は一切発生せず、相場はゼロなのが普通です。

ただ例外として、浮気や不倫を伴う中絶行為に対しては、
不貞行為にあたる性行為として慰謝料が発生し、
その相場は約100万〜500万円と言われています。

(請求相手の収入や、個々の事案の概要によって増減有り)


何故、多くの中絶に対して慰謝料は請求できないのか

慰謝料とはそもそも、精神的な苦痛に対して支払われる行為で、
且つ、法律で定められた不貞行為に該当するものでないと
精神的な苦痛が発生したとしても、その対象にはなりません。

よって、慰謝料請求をするためには、中絶に至るまでの
一連のプロセスの中で、該当者の一方的な落ち度やミスが
法的に必要であり、それに該当するのが、浮気と不倫です。


不倫中絶慰謝料の相場について

浮気・不倫を伴う中絶の慰謝料の相場は、
100万〜500万円と言われています。

相場よりも遥かに大きな金額を要求した場合、請求相手や
担当弁護士が請求に応じることをせず、訴訟・裁判に発展して、
訴訟費用や弁護士費用がより多くかかる可能性があります。


慰謝料の相場を左右する大きな要因は、

  • 請求相手の収入
  • 離婚の原因
  • 結婚期間
の3つであり、相場は個々の事例によってかなり増減しますが、
浮気と不倫が伴う場合、かなり高額な慰謝料になる事が多いです。


相場の鍵は「どれくらい辛い思いをしたか」であり、

請求者自身の場合は、

  • 年齢
  • 職業や年収、社会的地位
  • 再婚の可能性が高い状況であるか

請求相手の要因は、上記に加えて

  • 生活費の負担の有無
  • 関係修復の努力の有無
なども加味されることがあります。


また、不倫中絶の場合は、適正な慰謝料獲得の為には
「相手に配偶者や子供がいた事を自覚していたか」
という証拠も必要です。

例えば、同じ職場だったり、相手の結婚式に
自分が参加している場合は、関係を持った相手が
既婚者だと知らなかった、ということは考えられません。


そして、慰謝料請求をする際は、請求者が浮気・不倫相手と
「肉体関係があった」ことを証明する必要があるので、
中絶手術を行った診断書だけでは不十分なケースもあり、
その事実を証明する何らかの証言や証拠が必要になります。

(メールの文面、本人の書面、同室の宿泊履歴など)

この証拠が揃えられない場合は、例え裁判を起こしたとしても
慰謝料を相場通りに獲得することは、極めて困難になります。


これに関しては、 裁判に有利な証言、証拠となる事実を
いかに多く、的確な形で揃えられるかが鍵になってくるので、
経験豊富なプロの弁護士に相談・依頼することを強くお勧めします。

このページの先頭へ