中絶の慰謝料について

中絶について慰謝料が発生する主なケースは、
「既に婚約をしており、中絶を理由に婚約破棄へと繋がった場合」
「結婚相手以外との性行為により妊娠・中絶に至った場合」
「望まない強引な性行為により妊娠・中絶に至った場合」です。

逆に、妊娠原因の性行為が、お互いの同意の元である場合は、
違法行為ではなく、二人の自己責任による行為として扱われ、
双方が慰謝料を請求することはできません。


慰謝料とは、言い換えれば損害賠償請求であり、
これは「違法な行為を通じて、損害が発生した」という
状況証拠が必要になります。(民放709条より)

例えば、男性側から女性が合意無く強引に性行為をされた結果の
妊娠・中絶だった場合は、女性側から慰謝料請求が可能になります。


また、交際している場合も、軽い遊びの交際ではなく、
男性が結婚をちらつかせる物言いをしていたり、
巧みな甘い言葉で誘惑したという違法性がある場合は、
慰謝料請求が可能になる事があります。

男性が女性よりも、かなり高齢の場合などは、
よりそういった事情が認められる可能性が高くなります。


また、口頭で慰謝料を請求されたとしても、
相手の言い値ですぐに支払う必要はありません。

相手が本腰を入れて請求をする場合には、
弁護士を立て、内容証明郵便を送って来るなどの
決められた法的手続きを必ず、順次踏んできます。

それを確認した上で、こちらも請求金額の内訳を確認したり、
中絶に関わった医者に直接金額や事実確認をするなど、
交渉に必要な情報を、一つ一つ確認していきましょう。


もし仮に、慰謝料請求が示談や合意に至らず、
裁判になった場合は、訴訟期間が長引いたり、
弁護士などの訴訟費用もかかります。

この場合、最終的に発生する慰謝料額の相場から考えると、
時間的・精神的コストに見合うものであるかという意味では、
中絶に関する問題は、訴訟するかは慎重に考えた方が良いです。


単なる中絶に対する精神的苦痛の問題か、
婚約、浮気、不倫や離婚が関わる問題かで、
慰謝料の額や精神的負担は、大きく変わってきます。

ここまでの事情を踏まえた上で、
慰謝料請求をするべきか、訴訟以外の妥協点や
解決方法があるかどうか、検討するようにしましょう。

このページの先頭へ