中絶に親の同意は必要か

中絶は「本人と配偶者の同意」があれば
親の同意を得なくても、法律上では行うことが可能です。
未成年であるか、仕事をしているかどうか、などの規約はありません。

ですが、多くの病院では、未成年相手の手術後に問題が発生した際、
保護者側から訴訟を起こされるなどの問題を未然に防ぐために
保護者との同意書を交わした上で手術する方針を執っています。


実際のところ、同意書とは署名や捺印程度の書類なので
家族や友人に代わりに書いてもらう、という形で
形式上の同意書のやりとりで片付けてしまう患者もいます。
(これは偽造行為で、違法になります)

ですが、上記の理由から、親の同意書を求められる事は、
中絶手術を扱う病院の体制が真っ当な事の裏返しでもあります。

逆に、親の同意書が不要だったり、その点の追求が無い場合は
病院が十分に中絶手術の体制が整っているところか、
念の為、評判をしっかり確認した上で診てもらうことを勧めます。


他にも、親族にバレたくない理由で
県外などの遠方から来る患者は、移動中の安否が心配です。
他にも、安易な理由で中絶をしようとする若い男女への
倫理的な問題を促す目的で同意書を求める方針の病院もあります。

病院によってこの辺りの考え方や方針は異なるので、
担当者や主治医の方に事前に相談してみましょう。


また、もし妊娠初期後半?妊娠中期の期間で
母体に負担がかかる手術を受け、残った傷や後遺症などで
保険証を利用した治療を追加で受けることになった場合、
保険証を利用した分の治療明細は、毎年1度自宅に届きます。

なので、1人暮らしをしていたり、
成人で保険証を自分で持っている場合は大丈夫ですが
仮に親の扶養家族である場合、それを通じてバレる可能性があります。


私の個人の意見としては、中絶は母体と胎児の命に関わる問題であり、
親の同意が必須なのかどうかと悩んでいる時点で、経済的・精神的にも
まだあなたは自らの責任を十分に負うのが難しい状態ではないかと思います。

なので、あなたや周りの方々の周辺には
色々複雑な事情があると思いますが、基本的には腹を括って、
親に相談したり、協力してもらうことを勧めます。


このページの先頭へ