中絶手術の出血について

中絶手術では、手術後に、子宮内に残った胎盤や子宮内膜が
子宮収縮で排出されますが、その際に出血する可能性があります。

出血は生理のピーク時レベルの出血が10日以上続く事もありますが、
仮に出血が継続して行われていても、出血量が少量で済めば、
中絶後としては、一般的に正常な状態であり、問題はありません。


ですが、いざ出血が長期間続くと、

  • 体や子宮に何か異常があるのではないか
  • 子宮の中に、傷が残っているのではないか
などの疑問が沸くかもしれません。


しかし、本当に子宮に傷が有る場合は
出血量も痛みも尋常ではないので、
すぐに体の異変に気付く事が多いと思います。

よって、過度に不安にならず、数日間様子を見てください。
もし長期間の出血、大量の出血や激しい痛みを感じたら、
すぐに病院や担当してくれた医師に相談しましょう。


また、出血や痛みが長期間続く場合、問題になるのは、
中絶手術の際に、本来取り出すはずだった胎児の組織が
子宮の中に残ってしまうケースです。

この場合は、再手術などが必要になる場合もあり、
特に絨毛という組織が残っている場合は
手術をしないと、大出血を起こす可能性があります。


手術前と手術後の出血について

中絶手術前の時期に、生理時に相当する量の出血が続く場合は
流産の兆候である可能性があります。病院にすぐに行けない場合は、
子宮口から胎児の組織の一部が、塊で出て来る可能性もあります。

この場合、仮に自然流産だったとしても、
産婦人科には必ず受診して検診を受け、もし胎児の組織が
子宮内に残っていた場合は、手術をして必ず取り除いてください。


また、手術後、特に中期中絶で、子宮の収縮が遅い場合は、
通常の出産特有の出血である「弛緩出血」という現象が
発生することがあります。

これは要約すると、子宮収縮が不十分なことにより、
胎盤の表面に剥き出しになっている血管が正常に圧迫されず
大量出血になってしまうという現象です。


逆に、全く出血しない状況も、子宮が十分に収縮されておらず
子宮内に血が溜まってしまっている事が考えられます。


共通して言える事は、
妊娠時は胎児に栄養を運ぶ必要がある事から
女性の子宮には、大量の血液が送られているという事です。

逆に考えると、出血の状態を冷静に観察することで、
自分の子宮や胎児の状態は、より正しく判断することができます。
出血を通じた体の異変のサインに、日頃から気を配りましょう。

このページの先頭へ