高齢での中絶について

一般的に、30代後半からの出産は高齢出産と呼ばれ、
特に40代の高齢での中絶率は、20代の若い世代と並んで
中絶者の世代全体の中でも、高い比率で推移しています。

その主な理由としては、

  • 相手と結婚していない/結婚できない事情がある
  • 経済的に育てて行く余力が無い
  • 産前産後の体力的な問題
という理由から、妊娠そのものや、産後の生活に対する
不安や問題を避けるために中絶を選んでいるからです。


何故、高齢の女性が想定外の妊娠をして
中絶で悩むのかというと、

  • 生理が遅れていたり不定期にも関わらず
    排卵は通常通り行われるという事を知らない
  • 子供を何人か既に持っている場合、
    セックスが一時的もしくは日常的に回数が減っており、
    避妊に対する意識が低く、油断をしている
という点が、主な原因として挙げられます。


また、産まれてくる胎児に関しては、
高齢だと流産をすることが多くなります。

他にも、未熟児やダウン症・アスペルガー症候群などの
障害を持った状態で子供が産まれる可能性も
年齢に比例して高くなります。


これらの理由は、卵子は産まれた段階で持っているもので、
男性の精子のように新たに作られることがなく、
年齢を重ねるにつれ、劣える性質を持っているからです。

なので、一般的には、中絶を悩む年齢に到達する前に、
若くて健康な内に出産をすることが安全とされています。


また、高齢の場合は、出産そのものだけではなく
育児生活に対する不安も様々な点が挙げられます。

例えば、一般的な周りの主婦達は20代や30代前半に
結婚→出産を済ませている方が大半なので、
自分より若い世代の主婦達に囲まれる生活になります。
世間の目が気になる人は、これもなかなか大変です。


そして、収入面でも、子育て中の経済的な余裕は
一般的な20代の夫婦に比べると持っているかもしれませんが、

私立の高校・大学に子供を入れようと考えている場合は
子供が20歳を過ぎる時期まで自分が働き続ける事ができるか?
家計のライフプランは大丈夫か、といった事も考える必要があります。


高齢出産は、経済的な余裕がある、人として成熟した状態で
子育てに臨むことができるなどのメリットもある一方で、

上記のように、20代前半の中絶とは違った観点から、
中絶をするかしないかを、判断することが求められます。

このページの先頭へ