子供をおろす費用とは

子供をおろすために必要な費用は、一般的に、
妊娠してから11週目以内の初期中絶手術なら15万?20万、
12週目以降の中期中絶手術なら30?50万円がかかります。

内訳としては、手術費用以外にも、

  • 事前に妊娠の有無や経過時間の検討をつける、事前検診費
  • 薬の処方代(子宮収縮罪、抗生物質)
  • 手術後の経過を見るための診察料
が別途かかる場合があります。

また、中絶の手術代には健康保険が使えないため、
病院によって手術の費用や免責事項に違いがあります。
検診を受ける前に、必ず比較検討した上で受診をしてください。


初期中絶手術は、器具で胎児を子宮から吸引する吸引法と、
ハサミ型や棒状の器具で直接胎児や周りの組織を?き出す
掻爬法という2つの手術方法があります。

費用としては、掻爬法の方が、胎児や周りの組織を
子宮内に残さないように慎重に手術を進める場合が多く、
手術に時間がかかったり、追加で麻酔が必要になったりして
費用が多くかかる傾向があります。

これも、病院によってどちらを採用しているかは変わります。
両方を併用していたり、片方のみを扱う病院もあります。
気になる場合は、事前の診察や問い合わせの際に確認しましょう。


また、初期と中期で費用に差がある理由は、
初期の手術が日帰りでできる簡易的な手術なのに対し、
中期の場合、人工的な陣痛を起こして出産と同様に
胎児を取り出す大掛かりな手術になるからです。

そのため、手術で母体への負担が大きくなり、
初期中絶手術が日帰りで済むのに対し、中期中絶の場合は
大抵の場合、数日間の入院が必須になります。

費用に関してはこれに関連して、
死産届の役所への提出手続き、埋葬費、入院費などがかかり
合計で30?50万円になる、ということになります。


そして、22週目を越えると、国内では中絶をして
おろすことが法律上認められず、できなくなります。

このように、妊娠してから時間が経てば経つほど
費用の面だけでなく、手術そのものの手続きや
母体への体に対する負担もより大きくなってくるので、
子供をおろす際には、早めの決断を心掛けてください。

このページの先頭へ